サイエンス・インカレに参加したOBOGからのメッセージ

OB・OGのご紹介

京兼 広和さん

参加:第4回(神戸)
分野:工学系
受賞:科学技術振興機構理事長賞
現在:東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ株式会社 プロセスエンジニア

受賞した研究のテーマ・内容について教えてください

BiFeO3という磁性と強誘電性を有する物質がある。特に結晶構造をひずませることで磁性が変わる点が興味がもたれているが、大きく結晶構造を歪ませる方法は限られている。そこで、Feを原子半径の小さなAlに置換することでBiFeO3を歪ませ、目的の結晶構造が得られることを実験と計算科学的に証明した。

受賞した時、どう思いましたか?

正直なところ自分が受賞できるとは思っていなかった。ほかにも興味深い発表を行っている方がいる中で自分がいただいていいのかという気持ちが素直なところだった。 ただ、受賞者と話す機会があり、様々な分野で自分の研究を熱く語れる人と話せたことの方が印象に残っている。

サイエンス・インカレに参加して良かったことを教えてください

受賞時の感想にも書いているがサイエンスインカレに参加してよかったことは自分の好きなことを研究している人と話せたことだと思う。分野外の研究の話を聞けること自体が貴重な経験であるし、他分野を勉強している人から自分の研究について意見をもらうと別の視野から再度自分の研究について考えることができ、より研究が好きになることができることがよかったことだと思う。

自主研究の苦労を乗り越えるコツはありますか?

一般的に研究を行っていると感じる結果が出ないときの苦労や研究と学業、部活動の両立の困難さは感じていたが、特にこれに苦労したというものはない。 教訓はとにかくやる気があることをアピールすることが大切であるということである。大学で自主研究を行う環境が整っていないなかで研究設備を借使うには担当している先生と自分のことを知ってもらう必要がある。そこで、知識がない中でも自分の行いたいことを先生に伝えて、やる気を見せることで設備を借りることができ、自分のやりたい研究を行うことができたことが良い経験である。

自主研究の楽しさを教えてください

自主研究が面白いというより、自分が面白い、興味があると思っていることを勉強したり確かめたりすることが自主研究なので、始めた時点ですでにおもしろい。 大学は特に自分がおもしろいと思った時に確かめる方法があるうえに専門にしている先生が近くにいるので最高の環境である。社会人になって特にそう思う機会が増えている。 多くの学生に自分の興味ある事、面白いと思っていることを突き詰める最高のチャンスだと思って自主研究に取り組んでもらいたいと思う。

自主研究を進める際や、発表時に心がけたことはありますか?

自主研究を進めるうえで大切なのは先生や先輩との密な連携である。やはり研究を始めた当初は勉強不足であったり、経験不足であることから実験がうまく進まなかったり、逆にすごい発見でも見逃してしまうことがある(私の研究も偶然の発見でした)。その時にアドバイスをもらうためには密に連携をとっておく必要がある。また、発表は専門家の人から見て間違いが無いように報告することはもちろん、分野のことを知らない人にも伝わるように多くの人に聞いてもらった。

研究は現在に活かされていますか? また、現在の目標について教えてください

自身の現在の研究状況や仕事に活かされているか、または、将来の夢・目標など サイエンスインカレの経験は現在の仕事に大いに生かせています。卒業研究とは違い自分から動かないと成果が出ない自主研究を経験することで、企業で仕事を始めても自分で判断して行動できるスキルがあり、自立して仕事ができることに役立っています(勝手に動きすぎて怒られることもあります)。また、自分の専門に固執することなく様々な分野のことを吸収できるスキルも大いに役立っています。
将来の夢・目標は今の会社に恩返しをすることです。
私が現在の会社東京エレクトロンに入ったのは東京エレクトロンの社員の方に声をかけてもらって「お前のような人材がほしい」といわれたことがきっかけでした。そして、いろいろ話を聞いていると比較的自由な社風であり、出る杭は打たない新人でも活躍できる会社だと教えてもらい、実際に現在そのような環境で仕事ができているので誘っていただいた方のためにも自分のスキルを使って恩返しをすることが夢です。

学生のみなさんへメッセージをお願いします

自主研究を堅苦しいものととらえずに、自分の好きなものを研究できるチャンスだと思い気軽に行ってください。なんでもいいんです。VRを使ってラーメンを食べた気持ちになる方法でも、IoTを使って黒電話でオンライン通話できるようにするでも。必ずその研究をおもしろがって聞いてくれる人がサイエンスインカレにはいます。社会人になって思うことはもっと自分のやりたいことを大学生の頃にもっとやっておけばな~という気持ちです。好きなことを突き詰められる最後の最高の機会ですので遠慮せず、どんどんやってみてください。きっとその経験は人生の宝物になると思います。

OB・OGインタビュー一覧に戻る